インド、バラナシの貨物村を計画

Aiswarya Lakshmi8 3月 2018
Image:インドの内陸水路局(IWAI)
Image:インドの内陸水路局(IWAI)

インドの内陸水路局(IWAI)は、バラナシで「貨物村」を開発し、インド政府に知らせる。

このプロジェクトの目的は、バラナシのマルチモーダルターミナルの後背地における経済発展を支援し、東部輸送回廊とその影響ゾーンにおける物流コストを削減することである。
ハラジアとバラナシ間のガンガ川(NW-1)における水路輸送の利用を促進するためのバラナシにおけるマルチモーダル物流拠点の設立と、貨物の移動を容易にする北方方向の東方専用貨物通路(EDFC)における鉄道輸送の構想道路から水と鉄道まで。
現在の見積もりによると、3600の直接職場での雇用と新規および専門ロジスティックスキルを備えた間接職場での追加雇用は、バラナシ周辺で発生することが予想されます。
この情報は、PonRadhakrishnan海運大臣によって与えられる。バラナシ(Benares、BanarasまたはKashi)は、11世紀までのインドの北部ウッタル・プラデーシュ州の都市です。
カテゴリー: ニュース, ロジスティクス, 政府の更新, 沿岸/内陸