提案されたNATO物流指揮がウルムに拠点を置く

Andrea Shalal著20 3月 2018
ジェームス・ストレンバーグNATO事務総長、ジェームス・N・マッティス国防長官は、2018年2月14日、ブリュッセルのNATO本部で二国間会合を開いて話します。(写真:NATO)
ジェームス・ストレンバーグNATO事務総長、ジェームス・N・マッティス国防長官は、2018年2月14日、ブリュッセルのNATO本部で二国間会合を開いて話します。(写真:NATO)

ロシアを抑止することを目的とした新たなNATO物流司令部は、ドイツ南部のウルムに本拠地を置くだろう、とドイツ国防省が火曜日に議員に語った。
NATOが6月7日から8日にかけて同盟国防長官会議で予定していた正式決定を受け、4月中旬には新たな共同援助および支援司令部(JSEC)の広範な計画が完了するだろう、と述べた。
ピーター・タウバー国防総省の国務長官は、「JSECの枠組み国として、同盟における負担分担に大きな貢献をすることができる」と述べた。
NATOは、2014年のウクライナのクリミア地域のロシア連合への対応の一環として、新たな物流司令部を検討して、可能性のある紛争の際に、第2のコマンド、北大西洋計画および戦略コマンドも、敵の潜水艦から船舶の安全を保つために設置される。
タウバー氏によると、ドイツ南部の都市には、すでに国連、NATO、またはEUの世界的な危機管理業務の指揮と統制を計画し実施しているドイツの多国籍合同本部があるため、ウルムでの指揮命令はシナジーを生み出すだろう。
ドイツは、ボンとケルンの近くのサイトも考慮していました。
外交官らは、先月、ロイター通信に対し、2つの新しい司令部には合計1500人の要員がいると語った。
ベルリンの米国と東欧同盟加盟国の軍事支出増を求める圧力が高まっている中、ドイツの軍事費支出の提案は、NATOの目標である国内総生産(GDP)の2%にまだ満たない。
この戦略はNATOのロシアに対する抑止力を高め、バルト諸国、ポーランドおよび黒海地域における回転力を含む。
(Sabine SieboldとAndrea Shalalによる報告、Andrea Shalalによる著書、Peter Graffによる編集)
カテゴリー: ニュース, ロジスティクス, 政府の更新, 海洋安全保障