SunStone受注CMHIヤードでの第3の遠征クルーズ船

マイアミに本拠を置くサンストーン・シップスは、船舶のVictory Cruise Lineと長期傭船契約を締結した後、CMHI造船所でオプション2号を宣言した。…

Fincantieri、中国でクルーズハブを設立

巡航船造船会社Fincantieriは、上海市宝山区とクルーズハブを建設する契約を結んだ。 イタリアの副首相、ルイジ・ディ・マイオ大臣、カッサ・デポニティ・マッシモ・トノーニ会長、ジュネッペ・ボノのフ…

ショアパワー:オランダアメリカラインプラグイン

3つのオランダアメリカライン船に改装されたABB陸上電力コネクタは、これらの船舶が世界のどこでも港で低排出ガスを達成するのに役立ちます。 クルーズラインHolland American…

Launchwayに移ったアメリカの調和のための主要な船体セクション

American Harmonyの下部の弓部分は、Chesapeake ShipbuildingのFabrication Building#4からAssembly…

ニューオーリンズからアメリカ初の近代的な川沿いの帆船

米国の最初の現代的な川釣り船は、ミシシッピ川の就航クルーズのために、10月6日にニューオーリンズ港から出発する予定です。 新しい船「アメリカン・ソング」は、オペレーター・アメリカン・クルーズ・ラインに…

エンジン事故後、DFDSフェリーが旅を続ける

リトアニアの国防省は、ドイツからリトアニアへ向かうフェリーは、エンジン室の事故で電力を失った数時間後に火曜日に旅を続けることができたと語った。 リトアニアが旗を揚げたレジーナシーウェイズ(335人乗り…

バルト海で無力な335人のフェリー

デンマークのフェリー会社DFDSのスポークスマンは、バルト海では335人を抱えるリトアニア船籍のフェリーが無力であるが、誰も怪我をしていないと報じた。 スポークスマンは、「振動があり、煙が出たが、火災…

MOL、ひまわり霧島を開拓

三井物産(MOL)は、9月15日に新会社フェリー・サンフラワーが運営する新型大型フェリー「ひまわり霧島」が発足したと発表した。同船は、大阪府南港サンフラワーターミナルを出発し、鹿児島県。…

気候保護のための海運業界のヘッド

ハンブルクのSMMにおけるグローバルな海洋環境会議(gmec)では、有名なビジネスおよび科学の専門家が、世界海運業界が国際海事機関(IMO)の環境目標を達成し、競争力のある価格でサービスを提供し続ける…