氷川丸の技術と昭和の関係

Shailaja A. Lakshmi23 7月 2018
右からJASNAOEの社長、金屋則夫、氷川丸のキャプシ夫妻、柏木雅志。写真:NYK
右からJASNAOEの社長、金屋則夫、氷川丸のキャプシ夫妻、柏木雅志。写真:NYK

日本宇宙航空研究開発機構(NYK)xが所有する氷川丸は、昭和初期に海上技術の話を伝える貨物旅客船として、日本海軍建築・海洋技術者協会(JASNAOE) 。

7月20日、東京の明治記念館で式典が行われ、氷川丸の第28代長金谷紀男が表彰されました。

この栄誉は、昨年JASNAOEによって導入され、歴史的、学術的、技術的価値を持ち、国民の理解を促進し、次世代の文化遺産のシンボルとなっている船舶に与えられました。

彦川丸は、戦前に日本で建造された唯一の大型貨物旅客船であり、横浜の山下公園に現在公開されている博物館船として係留されています。 2016年に全国的に重要な文化財に指定され、今年4月、船は配達から88年目を迎えました。

NYK海洋博物館とNYK氷川丸を通じ、日本の海洋産業と社会の歴史的なつながりを保ち、海洋精神を高めていくために、重要な項目を守るためにあらゆる努力を続けています。

カテゴリー: エンターテインメント, 人と会社のニュース, 技術, 歴史, 歴史, 船舶