パナマ運河の詰まりはエルニーニョ現象と水管理の問題が原因

水曜日に発表された研究によると、昨年の降雨量減少は気候変動ではなくエルニーニョ現象によるもので、パナマ運河の水位低下と世界貿易を混乱させる船舶輸送制限の一因となったことがわかった。研究コンソーシアム「…

ペルー、中国が建設した巨大港湾をめぐる仲裁を回避へ

ペルー政府は、中国の港湾運営会社COSCOシッピングが、同社が建設中の大規模施設の独占権をめぐる法的紛争で提訴する可能性がある国際仲裁手続きを回避しようとしていると、当局者が月曜日に明らかにした。地元…

統合司令部が主要な橋梁災害対応活動を振り返る

3月26日、シンガポール船籍のコンテナ船M/V Daliがフランシス・スコット・キー橋に衝突してから約1カ月が経過した。メリーランド州ホーキンス・ポイントとダンドークを結ぶこの橋はパタプスコ川下流に崩…

最初の船が限定アクセス水路を通ってボルチモアを出発

フランシス・スコット・キー橋の壊滅的な崩落の後、ボルチモア港で新たに開通した水路を最初の商用船が通過した。フォート・マクヘンリー限定アクセス水路(LAC)は、橋の崩落以来、ボルチモア港への限られた数の…

ボルチモアに3番目の臨時水路が開設

港務局長(COTP)は、フランシス・スコット・キー橋付近の主要水路の北東側にフォート・キャロル臨時代替水路を設置し、商業上重要な船舶の限定的なアクセスを提供します。この水路は、制御水深…

ブラジルのレシフェ港で船積み機が倒壊

海運会社ウィリアムズ・ブラジルが木曜遅くに出したメモによると、ブラジル北東部レシフェ港の砂糖ターミナルで船積み機に事故が起こり、現場での積み込み作業が中断された。同社によると、積込み機が倒れ、機械の一…

ダイバーがボルチモアで遺体を発見

統合司令部の潜水チームは、ボルチモアのキーブリッジ事件現場で行方不明者の遺体を発見した。回収された人物は38歳のメイノール・ヤシル・スアゾ・サンドバルと特定された。統合司令部の救助ダイビングチームは、…

ボルチモアは補助金を利用して貨物輸送を増強できる

米運輸省は金曜日、トレードポイント・アトランティック(TPA)がより多くの貨物を処理できるよう、826万ドルの助成金契約を改定することでボルチモア郡と合意したと発表した。資金の再利用により、ボルチモア…

ボルチモアの船舶輸送は4月末までに再開予定

米陸軍工兵隊は木曜日、4月末までにボルチモア港への新たな航路を開通させ、崩落した橋によって遮断されていた商業船舶の航行を解放し、5月末までに港湾のアクセスを完全な状態に回復させる予定であると発表した。…