インドはクルーズおよびフェリーサービスのためのSOPを展開

Shailaja A. Lakshmi21 7月 2018
MbPT国際クルーズターミナル。写真:Mumbai Port Trust(MbPT)
MbPT国際クルーズターミナル。写真:Mumbai Port Trust(MbPT)

インド政府は、2017年11月にクルーズ船およびクルーズ乗客を取り扱うための標準運航手続(SOP)の形式で新しいガイドラインを策定した。

これらのSOPの顕著な特徴は、とりわけ、文書/データの電子的提出、車両および人に対するアクセス制御およびRFIDによるシームレスな入退出プロセス、簡素化されたポート衛生機関のクリアランス手順などである。

それはさらに、最初の入港口と最後の出港口を除いて顔を見合わせてチェックし、インディアンクルーズ客に有効なフォトIカードを持ち歩かせることなく、陸上旅行用のeランディングカードを提供しますパスポート。

ムンバイ港、モルガガ港、ニューマンガロール港、コーチン港、チェンナイ港の5つの主要港は、様々なクルーズ会社の計画/プログラムに従って、港としてのクルーズ船を受け取ります。

フェリーサービスはムンバイ港(インドのゲートウェイ)からMandwa&Elephantaまで、フェリー埠頭からMora、Revas&Karanjaまで運行しています。

2017年7月31日にチェンナイ港でクルーズ客員補助センターが完成しました。ムンバイ港に国際クルーズターミナルが建設中です。国内クルーズターミナルもムンバイ港で開発されています。コーチン港のエルナクラム埠頭に別のクルーズターミナル施設を建設することが提案されている。

カテゴリー: クルーズ船の動向, フェリー, フェリー, ポート, 政府の更新