Acta MarineのNewbuildが海の試練を完了

ジョセフ・R・フォンセカ21 3月 2018
Acta-Auriga-on-Sea-トライアルフォトUlstein Group
Acta-Auriga-on-Sea-トライアルフォトUlstein Group

オランダのウルシュタイン・ヴェルト(Ulstein Verft)に建設中のSOV W2W船「Acta Auriga」(Acta Auriga)は、アクタ・マリン(Acta Marine)ウォーク・トゥ・ワーキング船は、オフショアエネルギー産業のためにカスタム設計されています。

3Dクレーン、SMSTギャングウェイ、エレベータータワー、X-BOWおよびX-STERN設計ソリューションとともに、作業性、現場の敏捷性、オフショアロジスティックス、低燃費であるとビルダーは語った。

UlsteinのSX195設計の船は、完成のために建設庭に戻り、Acta Marineに配達されました。

この船舶は、ドイツのオフショア風力発電所BARD Offshore 1での運営および保守作業のために、2年間の憲章を授与されています。
カテゴリー: オフショア, オフショアエネルギー, ニュース, ロジスティクス, ワークボート, 再生可能エネルギー, 技術, 船舶, 造船, 風力